まめしばミニチュアカーレポート
まめしば自動車研究所からのレポートです。画像をクリックすると拡大します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【無灯火自転車の撲滅】
 夜、犬の散歩へ出かけると、後の方からスーっとやって来た「無灯火」の自転車に接触されそうになります。暗闇の中から突然現れる自転車に、わたくしも愛犬も、本当に心臓が止まりそうなくらいビックリするんですよ。

 何かの特殊任務とかなんですかね、アレ。「存在を消す」かのように走る夜間の「無灯火」自転車...。でも、「存在を消す」のでは、自転車に搭載された「ライト」の意味や機能が「無意味」になってしまうことをご存知ですか。

 皆さんは多分お気づきでしょうが、原動機付自転車から大型バイクに至るまで、2輪車はエンジンと連動してライトがオンになります。アレ、昼間や夜に関わらず、オンになるんですよ。まぁ、「自主規制」でメーカーがやっていることらしいんですが、ナゼなのでしょう。また、わたくしは、コレには異論を唱えたいのですが(後ほど)、4輪車、即ち、自動車でも、最近、昼間から故意にライトをオンにして走っているのを見かけます。アレはナゼですか。

 人間は「理由」がないことをしないのが普通ですから、大抵、行動には「理由」が存在します。ライト、それは「暗闇を照らす」為の道具。では、明るい昼間にライトを照らすのには、もうひとつの「理由」が存在するはずです。

 さて、「無灯火」自転車の皆さん、ちょっと反対の立場になって考えてみてください。わたくしも、自転車に乗ることがありますから、あのダイナモ(発電機)のノイズと負担(こぐ時の重さ)は好きではありませんが、だからといって、夜間に「無灯火」で走ることがいかに危険か想像しましょう。例えば、あなたが自転車で走っている夜、あるお方が、この様に考えたとします。「今夜は月明かりもあって道は良く見えるし、バッテリーへ負担もかかるし、燃費も若干悪くなるから、ライトはつけなくていいや。それに、音で周りもわかるだろう」そして、そのお方は「無灯火」の自動車で夜の街を走ります。速度もゆっくり時速20キロ(自転車と同じくらい)。あなたが自転車で交差点を渡ろうとしたとき、脇からその車がヌっと鼻先を出した...。接触しなかったからよかったものの、あなたは、こう感じるはずです。「ライトをつけていてくれたら、こちらが気づいて対処できたのに」と。

 そうです、事故は「予防」が大切ですよね。確かに、これは「車」の例ですが、思い出してください、自転車も「車両」のはずです。それは、事故の際の「被害の大きさ」で差別すべきことではありません。お願いですから、「特殊任務」に従事していない皆さんは、夜間はライトをオンにして走行してください。

 これは余談になりますが、昼間ライトをオンにしている4輪車について1つ疑問に感じることがあります。

 互いにアピールし合う事で衝突の予防をすることは大切ですが、欧米の真似をする前に、日本ならではの特殊事情を見落としてはいませんか。それは、欧米と違い、「公道を時速30キロで走行する50ccの2輪車がたくさん走っていること」です。まぁ、正直に言って速度を守っている原動機付自転車は皆無と言っていいのでしょうけど、それでも、車体が小さくて、交差点で右折しようとすると対向車の陰から急に姿を現すなんてこともしばしば...。こういった「ミニバイク」にこそ昼間のライトオンが不可欠なのでしょうけど、4輪車が昼間ライトをオンにすることで、「ミニバイク」のライトによるアピールが半減してはいないでしょうか。欧米並みに2輪車が大きくて存在感に溢れていて、道路の真ん中を走っている状態ならまだしも、スピードに限界があって常にキープレフトしている「ミニバイク」の多い日本では「逆効果」の様な気がしませんか。


ご感想・ご意見はこちらへ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。