まめしばミニチュアカーレポート
まめしば自動車研究所からのレポートです。画像をクリックすると拡大します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【がっかりするカーライフと羨ましいカーライフの狭間で 】
 最近、自分のライフスタイルを全く無視した「カーライフ」が蔓延しています。かつて「1点豪華主義」なんて言葉が流行ったんですが、もはやそれ以上の雰囲気があります。このサイトをご覧の方も、あちらこちらで見掛けはしませんか?

(1)BMW7シリーズの新車でロ○ャースに現れる夫婦。

 要するに、これは私共ビンボー人の「ひがみ」でありますが、もっとすごいのは...

(2)某¥100ショップで買い物をするポルシェカレラのオーナー。

 いいんでしょうか。上記2例は、ある意味に於いて「節約したからこそ勝ち得た車だ」ということになりましょうが、こんな目撃例もあります。

(3)吉○家の牛丼を食い逃げしたアリストのオーナー。

 これは、明らかに「犯罪」ですね。いくら何でも、ただ食いで節約もないもんです。


まだ、あります。


(4)駐車場代をけちり、毎夜路上に違法駐車するVWゴルフの新車...。

 先ず、駐車場を借りようじゃありませんか。わたくしたちだって、自分の所有地はなくとも、「賃貸」で毎月¥3,000~7,000程を納めて、その上で車を所有しております。どうしてもドイツ車に乗りたいという気持ちは尊重いたしますが、ドイツ車だからこそやってはいけないマナー違反もあるのではないでしょうか。

 では、その他、実際に見かけた、?なカーライフを報告いたします。


(5)今にも倒れそうなボロボロのアパート(長屋?)の草ボーボーの車庫(空き地?)に止められている最新型黒のセルシオ。

(6)車体が長すぎて車庫に入らず、ノーズを道路にほっぽり出しているクラウン。

(7)車庫は「自転車置き場」だから車は路上駐車...。

(8)後方より煽りまくるプリウス、しかも信号急発進。

(9)ボロボロのVIP(?)。

泥だらけで「駐車禁止」の札をいつまでもぶら下げている。

(10)頭にタオルを巻いて運転している、ローバー620SLiのオーナー...。

(11)ショッピングセンターの駐車場に停めず、奥さんの買い物が済むまで待ちつつ、すぐ脇の塀に小便をたれながら屁をこくメルセデスベンツCクラスのオーナー。

 先ずは「無理をしない」ことではないでしょうか。「無理」というのは、その人が必死に隠していても、周囲には結構明確に伝わっちゃうものなんです。たとえ、どのような車に乗っていても、その車の状態から、あるいは服装から、そして走り方からも、さり気なーく、その人の人生が、すなわち、「どのように生きてきたか」、また、「どのように生きているのか」が、情報として周囲に発信されているのです。ですから、「車」それ自体が「ステイタス」ではないということです。車が、どのような車庫に停められているかについても同じ事が考えられます。「ミスマッチ」な状況のことなのですが、例えば、ものすごく荒れた長屋の庭先にフェラーリが停まっていても、逆に、立派な豪邸の車庫に4ナンバーのミラが停まっていても、「不釣合い」だと思うのです。 また、その車の状態、即ち傷やメンテの様子からも、オーナーのライフスタイルとのギャップが感じられたとき、周囲はきっと、ものすごく失望してしまいます。まるでステテコ姿でヴィトンのバッグを持ち歩くような感じとでも申しましょうか。どちらか「価値」の高い方が引き立つのは確かです。

 まぁ、本人が良ければいいのでしょうけど、せっかくだったら「トータルコーデネイト」ってのを目指してみませんか(笑) 

 「走り方」も肝心です。たまに、4ナンバーの白い軽自動車が前の車を煽っている姿を目にしますが、非常に滑稽ではありませんか。そういう車に限って、「追い越し禁止」の道路で次々と前の車をパスし、その先の信号に捕まって、何のために危険を冒したのか「無意味」な状況に陥るものです。また、右折しようと交差点で待っていると、対向車線は渋滞だというのに、無理やり交差点に入り道を塞いでしまうメルセデスなども悲しい。いまひとつ「余裕」に欠けていますよね。

 このように「ライフスタイル釣り合わないカーライフ」というのはいかがなものでしょう。

 この問題を更に広げていくと、不思議なことがたくさん見つかります。それは「カーライフについての国民性」のことなのですが、何だか、無理やり「欧米化」したカーライフを好む日本人が増えてきたような気がします。道路が何十年も改善されていない(道路を作る技術は進歩しましたが、「デザイン」という意味において)状況の下、車ばかりが「巨大化」しているのです。


ご感想・ご意見はこちらへ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。