まめしばミニチュアカーレポート
まめしば自動車研究所からのレポートです。画像をクリックすると拡大します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【街を造るということ】
その1「地下スペースの有効利用」

 地上にはあらゆる物がごった返してます。もはや「整理」が出来ないほど...。これを、普通の建物の状況に置き換えて考えてみれば、「収納」を増やしてやるしか方法はありませんよね。あとは、「どこ」にそれを設置するかなんです。1階にまだ余裕があるならそこに。なければ2階を増築しますか。いや、待てよ、「地下」もありますよね。

 ここで、道路に目を移してじっくりと考えてみるわけです。夏の夕方、ちょっとだけ涼しい風に吹かれながら青空に浮かぶ真っ白な雲達を眺める。と、ちょっと目障りな物に気づくのです。そこには、何の計画性もなく次から次へと継ぎ足された電柱と電線...。あれ、どうにかなりませんか。どうしても「地上」になければならないものですか。台風のときには、たまにですが、切れた電線が地上に垂れ下がり、あわや「感電」の恐怖におののき、地震が起きれば「倒れはしまいか」とハラハラする。「危険」ですよね。少し欧州の様に、「地下」を利用するわけにはいかないんでしょうか。

 「地下」と言えば、もっと気になるのが、ガスだの水道だので、定期的にほじくり返しては埋めるあの工事。「地下道」さえあれば要らない、歩行者用信号、踏み切り。確かに、最初の費用と手間は大変なものがあるのでしょうけど、「長い目」で見れば「地下の有効利用」における「メリット」って結構ありませんか。東京都にあれほどの「地下都市」を作った日本の技術があれば可能なのではないでしょうか。「少しずつ」でいいから「整理」しましょうよ。ドイツのある街には「地下」を使った「運搬システム」があるそうです。これは地上の渋滞緩和に役立っているようですよ。街の「景観」も良くなりますよね。日本も少しでも豊かになってきたのであれば、そろそろ街造りのコンセプトも「豊か」なものにしていきませんか。

 先ず、地下トンネル式の「点検ホール」を設置します。これは「上下水」システムともリンクしていいでしょう。そこに、ガス、電気、電信などの配線を通して、厳重な警備の下に置きます。こうすれば、「渋滞を招く工事」を減らすことが出来、地上の「景観」や「安全性」も少しよくなります。次に「歩道橋」や「歩行者用信号」、「踏み切り」を出来るだけ廃止し、「地下道」を設置します。信号が少なくなる分、人や車、電車の行き来がスムーズになり、互いの「接触する可能性」も減りますから、「渋滞緩和」や「事故防止」に貢献するでしょう。


 少しでも「合理化」を考えれば、「地下の有効利用」は最高の材料です。例えば、「渋滞緩和」は、更に「環境」への配慮にもつながるでしょう。どんなに「環境性能」が上がった車に乗っていても、「アイドリング」が多くては意味がないし、「アイドリングストップ」をしてもエンジンをかけるときや、走り始めの環境や車自体への悪影響を考えれば、「スムーズな道路環境」の方が「理」にかなっていると思いませんか。電気自動車が主流になっても、この考えは当てはまりますよ。「停まる」ことが多いと「最もエネルギーを消費する走り始め」の回数も増えますから。


 そろそろ、「道路の性能」も上げなければなりませんね。


その2「道路の環境」

 これも、欧州並にとは言いませんから、もう少し「合理的」に企画して欲しいですね。電柱のでっぱりによって道路が「狭くなっている」ことは上の「その1」で解決しました。では次に、「歩道の安全性」に目を向けて見ますと、一番気になるのが自転車と歩行者の接触です。

 ラインや縁石で「自転車専用道路」を仕切っている所もありますが、実際にはあまり機能していません。ここは「段差」を設けて、歩道と車道の間に「自転車道」を設定すべきです。もちろん、「車両」として「左側通行」です。「自転車道」は、車道との区別と安全性の為、車道より一段上がったものとし、歩道との間には柵を設けます。歩道を移動する際には、自転車から降りて手で押さなければなりません。まぁ、現行法でもそうなってるはずなんですが、歩道と「自転車道」との差が曖昧だから取り締まれないのでしょう。本来、「車両」として、もう少し厳しく取り締まってもいいはずなのです。

 次に設定したいのが「ゴミ箱」ですね。「ゴミを捨てるな」「ポイ捨て禁止」という札をよく見かけますが、あんまり役に立っていないようです。こうなったら、過保護でも、一定の間隔で「ゴミ箱」を設置するしかないのです。お上の皆さん、どうせ、放置されたゴミを回収するのだったら同じ手間でしょう。プライオリティーは「街を綺麗にする」事なのだから、先ずは「分別させる」事を目標に頑張ってみませんか。

 そして、仕上げは歩道脇の「自動販売機の撤去」でしょう。先日起きた東北地震では道端でたくさんの販売機が倒れていました。アレ、幼稚園児や小学生はひとたまりもありませんよ。これは、設置場所をキチンと精選して「許可制」にすべきですね。本当に「危険」です。


ご感想・ご意見はこちらへ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。